家庭教師の仕事内容ややりがい


成績アップをサポート

勉強をしているようだけれど成績が上がらない、勉強が嫌い、やる気がない、などといった子どもに家庭教師を希望する家庭もあります。このような要望はさまざまなので、何が目的なのかをしっかり把握することが必要です。成績は真ん中より上でも、トップクラスまで上げたい、勉強が嫌いで成績も上がらない、本人も勉強の方法が分からず親もどう指導してよいか分からないなど、さまざまなケースがあります。

学校の授業についていけない、という悩みを抱えているケースも少なくありません。その場合は教科書を中心に基礎的な学習からスタートするという方法が一般的です。家庭教師としては教科すべての科目を指導できるスキルが必要とされるでしょう。

勉強が嫌い、集中できない、などといった場合は、まずは原因から見つけなければなりません。学力レベルのほか生徒の性格や家庭環境、得意科目、不得意科目など背景を把握し、あらゆる視点から指導方法を探さなければなりません。どのような方法で指導をしていけば、生徒が勉強に集中できるようになるかはさまざまです。適した方法を見つけるには観察力やコミュニケーションスキルが必要です。家庭教師の柔軟性が求められるでしょう。