家庭教師の仕事内容ややりがい


指導内容

子どもに勉強を教えるのが家庭教師ですが、仕事内容はさまざまです。詳細は目的によっても異なります。学校の成績アップや授業の理解度を深めることを希望している場合は、学校の宿題を一緒にやったり、教科書や副教材を中心に解説をしたりします。試験前には試験対策をすることもあります。勉強方法が分からない場合は、自主学習のコツや勉強方法などを教えるのも家庭教師の仕事です。試験でできなかった問題を解説し、理解度を深める指導も必要です。

また宿題を一緒に行い、間違った問題についてその原因や解説をしたうえで、練習問題を繰り返します。特に苦手科目を克服したいという要望もあります。中でも数学や英語についての要望が多いです。レベルチェックをしながらなぜ苦手なのかを一緒に考え、原因を取り除くことも家庭教師の役割です。苦手意識がなくなれば成績が伸びる可能性もあります。

受験対策の場合は、希望の学校受験に出される問題に特化した勉強が必要です。試験の傾向と対策を把握し、模試の成績をアップさせなければなりません。試験に合格できる自信をつけさせるのも家庭教師の重要な役割です。また、受験勉強に対するストレスを軽減してあげられればより理想の家庭教師となるでしょう。