家庭教師の仕事内容ややりがい


塾講師との違い

成績をアップさせるという目的は同じですが、塾講師と家庭教師の仕事にはさまざまな違いがあります。一つは塾講師が複数の生徒に指導するのに対して、家庭教師はほとんどがマンツーマンで指導をするという点です。中には兄弟同時に、というケースもありますがほとんどは1対1のマンツーマン指導です。複数の生徒に指導する塾講師とマンツーマンで指導する家庭教師とでは、関わり方が大きく異なります。

ほとんどの塾は生徒一人ひとりのペースに合わせた指導には限界がありますが、家庭教師はその生徒に合わせた指導をします。理解できない問題があれば、理解できるまで何度でも解説します。子どもの性格や勉強に対する姿勢や気持ちなどを理解し、子どもが理解しやすいように指導をするのが家庭教師の役割です。塾によっては個別指導をしているところもありますが、家庭教師の場合はより深くコミュニケーションを取りその子どもに適した指導を見つけ、実践していくことができます。

家庭教師と塾講師では人間関係においても異なります。家庭教師は子どもとその両親など家族との関わりが強くなりますが、塾においては塾講師同士のコミュニケーションも必要となるでしょう。時給においても一般的に家庭教師の方が高い傾向にあります。