家庭教師の仕事内容ややりがい


働き方や雇用形態

家庭教師の働き方としては大きく分けると2つの方法があります。一つは家庭教師の派遣会社に登録することです。生徒探しや契約など一連の業務を会社が行ってくれます。万が一何かトラブルが生じた場合も会社が間に入ってくれるので安心して働くことができるでしょう。ただし、仲介手数料が給料から差し引かれるという点はデメリットと言えます。

もう一つは個人契約をして家庭教師をする方法です。生徒探しから料金や条件など契約に関することをすべて自分で行う方法です。仲介手数料がないことや、直接料金の交渉ができることで給料は高くなることも多いでしょう。自分で生徒を探すことができるので、自分の条件に合った仕事ができる点もメリットでしょう。ただし、トラブルなどには自分で対処しなければならない点は覚悟が必要です。

家庭教師の仕事は半年~1年など長期にわたって契約することが多いです。そのため、自宅や学校の近所など通いやすい場所を選んだ方がよいでしょう。複数の生徒を受け持つ場合も、同じ曜日に同じエリアの方が効率的です。家庭教師を紹介してくれる会社に登録してもすぐに仕事ができるとは限りません。早く始めたいという場合は複数の会社への登録をおすすめします。その方がより条件に合った生徒を見つけやすいでしょう。